【開催告知】5/26(木) 第5回 飛田雄一さん「ベ平連こうべの経験から考える」

5/26、19時からリレートークを開催します。
まだ参加申し込み可能ですので、よければぜひどうぞ。

antiwartalk2022.blogspot.com

※以下転載

リレートークベトナム反戦運動に学び、戦争を止めよう!」第5回

 

■日時: 2022年5月26日(木)19:00~20:00

■ゲストスピーカー: 飛田 雄一(ひだ ゆういち)さん

1950年神戸市生まれ。1969年神戸大学入学、「べ平連こうべ」で活動。卒業後は、神戸学生青年センターを拠点として、コリア・コリアンをめぐる市民運動をはじめ、さまざまな運動に取り組む。現在は同センター理事長。自身の運動体験に関する著作としては、『極私的エッセイ:コロナと向き合いながら』(社会評論社、2021年)がある。

■タイトル: ベ平連こうべの経験から考える

飛田雄一さんは、大学闘争さなかの1969年に神戸大学に入学し、ベ平連こうべの運動に参加した。本リレートーク1回目の登壇者西信夫さんの3年後輩にあたり、仲間たちと集会、デモや機関誌の発行に取り組んだ。その後は、在日コリアンの人権問題など、ベトナム反戦運動のなかで出会った問題に息長く取り組み、現在に至っている。当時の青年は、どのような思いでベトナムと出会い、どのような工夫をしながら反戦運動を展開し、どのようにしてその後息長く取り組むことになる問題を見出していったのか。その経験は、現在を生きる私たちにとっても、示唆に富むものであるだろう。

■司会: 宇野田尚哉さん

■事前申込制・無料(先着100名)

 https://forms.gle/aVDcRSVZHCYZtn8c9

 へお申し込みをお願いします。主催よりZoomのリンク先をお送りします。

 

■参加にあたってご協力いただきたいこと

以下の点をご理解の上、参加いただきますようお願いします。

(1)わたしたち(主催者・参加者)はこのリレートークを誰もが参加しやすく、おたがいを尊重しえある場となるよう努力します。わたしたちは多様な属性や背景をもった方々の参加を歓迎します。性差別・人種差別・障害者差別・ホモフォビア(同性愛嫌悪)・トランスフォビア(トランスジェンダー嫌悪)をはじめとする、あらゆる差別ならびにハラスメント行為を容認しません。もしそうした被害にあったり、何らかの点で居心地の悪い思いをされた場合は、主催者までお知らせください。

(2)ゲストスピーカーからのお話のあと、参加者による質問やディスカッションの時間をつくります。ディスカッションの時間では、挙手等により発言者を募ります。司会者から順番に発言を依頼しますので、お話しください。限られた時間を多くの方々と共有できるよう、ご自身の発言はなるべくコンパクトになるようご協力をお願いします。また、ご自身が発言する時を除いて、マイクはミュートにしていただくようお願いします。

(3)主催者はゲストスピーカーのトークの部分のみ、録音と録画を行います。参加できなかった人のために、後日、ネット上で公開する可能性があります。参加者とのディスカッションの部分については、録音や録画を行いません。

(4)主催者と参加者に許可をとることなく、録画、録音、撮影などをしないようお願いします。これは参加者の権利や安全を守るために大切なことだと考えます。

 

■今後の予定

詳細はこのウェブサイトでひきつづき告知します。

https://antiwartalk2022.blogspot.com

 

■主催: 地域ベ平連研究会有志 

 antiwartalk@gmail.com

 https://antiwartalk2022.blogspot.com

【開催レポ】5/14 和の装いdeビブリオバトル

2022年5月14日、横浜市大佛次郎記念館で「和の装いdeビブリオバトル」を開催しました。

花岡は企画と司会を担当いたしました。以下、参加者と紹介本、そしてバトルの様子をお伝えします。

ローズガーデンは満開の薔薇でした。

和室ことお茶室にて開催。

実施内容

2022年5月14日(土)13:00〜16:00
参加者:15名(司会含む)
内訳:バトラー8名、観戦6名
記念館スタッフ4名
テーマ「和」
※バトラーは和装(かんざしやバッグなどのワンポイントでもOK)すること。

バトル前に、現在行われている展示「頼朝と桜子 大佛次郎が紡いだ武士と雅」を見学。
担当スタッフによる解説付きでじっくりと観ることができました。

2階には大佛次郎が使用していたソファセット一式が置かれ、5月らしい飾り付けがされていました。

紹介本一覧

がチャンプ本です。

<第1ゲーム>
  1. 夏井いつき『2022年版 夏井いつきの365日季語手帖』(2021, レゾンクリエイト)

  2. 早坂暁『華日記-昭和生け花戦国史』(1998, 小学館)※文庫版

  3. 稲田大樹『極彩色の京都 四季の名所めぐり』(2021, KADOKAWA

  4. Francois Place”LE VIEUX FOU DE DESSIN”(2001, Gallimard Jeunesse)

【バトルの様子】

 1冊目は『2022年版 夏井いつきの365日季語手帖』。TV番組で俳句を添削する人気コーナーを担当する著者による、365日の季語にちなんだ俳句集。実は毎年一般で句を公募し、こちらの本に掲載しているのだとか。来年の掲載を狙うならまだ間に合います!

 2冊目は『華日記-昭和生け花戦国史』。荒廃した第2時世界大戦後の日本で、それぞれの家元の復興をかけて熾烈な争いを繰り広げた華道界を描いた長編小説。美しい花の裏に胎動する人間の欲望と野心、結末や如何に。

 3冊目は『極彩色の京都 四季の名所めぐり』。京都住まいの著者による美しい京都の写真集。実際に京都旅行の参考にとお手に取られたそうです。色鮮やかな写真は京都の思い出をより一層「京都らしく」、感動を形作り残していくものだそうです。

 4冊目はフランス語の絵本”LE VIEUX FOU DE DESSIN”。晩年「画狂」と名乗った葛飾北斎を題材に、日本文化の解説を丁寧にしている児童書です。バトラーさんは現在フランス語を学習されており「自分でも読めるかも!」と思って手に取ったところ、予想以上に詳細な日本についての解説がついており驚いたのだとか。

 チャンプ本は『華日記-昭和生け花戦国史』でした!おめでとうございます!
新緑の中でバラが咲き乱れる中、華道を題材にした本がチャンプ本に選ばれたことに縁を感じます。

 

<第2ゲーム>
  1. 森下典子『日々是好日 「お茶」が教えてくれた15の幸せ』(2008, 新潮社)

  2. ティーブン・ウォルシュ『和製英語 伝わらない単語、誤解される言葉』(2020, KADOKAWA

  3. 原田佳夏(著/文), なかひらまい(イラスト)『波の地図』(2021, 雷鳥社

  4. 土井善晴『一汁一菜でよいという提案』(2021, 新潮社)

【バトルの様子】

 1冊目は『日々是好日』。そもそも「茶道って何をしているんだろう?」と問いを持ったことがきっかけで手に取った本。25年茶道を続けている著者が、茶道で何を得ているのかについて描いたエッセイ。なかなか積読を読みきれない中、ふと手に取りするっと読めて自分の調子が戻ってきた本でもあるそうです。

 2冊目は『和製英語 伝わらない単語、誤解される単語』。著者はイギリス出身、現在は日本で教鞭もとられているそう。「ハイテンション」「サラリーマン」などは英語ではなく、日本で生まれた英語「和製英語」なのだそう。つい使ってしまう和製英語を改めて見直しつつ、伝わらない・誤解されるポイントに気をつけていこうというお話だそうです。

 3冊目は『波の地図』。ふんわりした絵に包まれた、手のひらに収まる細長い装丁。「文化としての波」をテーマに、海の波から音波まで、あらゆる「波」を集めたアートな1冊。ちなみに本屋さんでは地理・言語・自然等さまざまなジャンルに置かれているそうです。

 4冊目は『一汁一菜でよいという提案』。「今夜(夕飯)何する?」という一言、正直聞くのが好きじゃないという方、多いのではないでしょうか。料理研究家土井善晴先生は「ご飯、具沢山のお味噌汁でO K。強いて加えるならお漬物があれば十分」と日々の食事を提案します。シンプルなお料理にまつわるエッセイですが、「とにかく自分で味噌汁を作ってみよう!」という強烈な提案を実践すると、食べること、日本に息づく自然とつながることができます。土井先生流のお味噌汁の作り方も掲載。

 チャンプ本は『和製英語 伝わらない単語・誤解される単語』でした!読むことでさらに言葉に磨きがかかりそうです。おめでとうございます!

 

終了後は自由行動でした。
私は有志で記念館に隣接している喫茶店:霧笛に移動して歓談の時間を過ごしました。

大佛夫人のオリジナルレシピに忠実に作られた名物のチーズケーキ

記念館の和室について

今回利用した大佛次郎記念館の和室は、事前に申し込みをすれば借りることができます(有料)。
その他、会議室もあるため、打ち合わせや句会などに使用されることがあるそうです。

osaragi.yafjp.org

今回、私にとっても久しぶりのビブリオバトルとなったため、対面ってこんなに楽しいんだ!!!と改めて感じる機会になりました。

今後やるなら浴衣?思い切って貸衣装屋さんで揃えてみる?...といった新たなアイデアも浮かんできています。

また開催できれば嬉しいです。

バトル開始前にやってきた野良猫さん。目線はもらえませんでした。



 

【4/25開催】リレートーク第4回 関谷滋さん「脱走兵支援の経験から考える」

バタバタしていてうっかり遅くなってしまいました。
以下、第4回リレートークのお知らせです。
↓※引用元

antiwartalk2022.blogspot.com

ーーーーー

リレートークベトナム反戦運動に学び、戦争を止めよう!」第4回

■日時: 2022年4月25日(月)19:00~20:00

■ゲストスピーカー: 関谷 滋(せきや しげる)さん

■タイトル: 脱走兵支援の経験から考える

関谷滋さんのベ平連との出会いは予備校生だった1967年夏、東京ベ平連の事務所への出入りからだ。1968年4月からは京都ベ平連で活動、ジャテックの脱走兵支援活動に精力的に取り組んだ。

脱走兵支援活動は、秘密保持の必要性もありその全貌は知られていない。関谷さんは、当時脱走兵支援活動に関わった人びとともに、『となりに脱走兵がいた時代 ジャテック、ある市民運動の記録(思想の科学社、1998年、共編)を出版、その後、2014年9月に歴史問題研究所(韓国・ソウル)、2014年11月に立命館大学国際平和ミュージアム、2015年11月に京都大学学園祭、2016年12月に名古屋市立大・教養オムニバス科目など、様々な場で脱走兵支援を含むベ平連の活動に関する話をされてきた。他にも「ベ平連運動の時代から現在へ」『立命館平和研究』16号(2015年、共同執筆)、『鶴見俊輔さんの仕事④ 雑誌「朝鮮人」と、その周辺』(編集グループSURE、2017年、共著)などがあり、ベ平連の活動を現在に伝え、現在と過去を切り結ぶ貴重な経験者の一人だ。

ドイツでは、市民団体が共同で、ロシア、ベラルーシウクライナ良心的兵役拒否者と脱走兵の保護を議会に要請したという。時代は変われども、戦場に送られる兵士一人一人は生身の人間であることに変わりはない。ベトナム戦争時の脱走兵支援の経験は、今の戦争を目の前にする私たちに対して多くのことを示唆するだろう。

■司会: 平井一臣さん

■事前申込制・無料(先着100名)

 https://forms.gle/aVDcRSVZHCYZtn8c9

 へお申し込みをお願いします。主催よりZoomのリンク先をお送りします。

■参加にあたってご協力いただきたいこと

以下の点をご理解の上、参加いただきますようお願いします。

(1)わたしたち(主催者・参加者)はこのリレートークを誰もが参加しやすく、おたがいを尊重しえある場となるよう努力します。わたしたちは多様な属性や背景をもった方々の参加を歓迎します。性差別・人種差別・障害者差別・ホモフォビア(同性愛嫌悪)・トランスフォビア(トランスジェンダー嫌悪)をはじめとする、あらゆる差別ならびにハラスメント行為を容認しません。もしそうした被害にあったり、何らかの点で居心地の悪い思いをされた場合は、主催者までお知らせください。

(2)ゲストスピーカーからのお話のあと、参加者による質問やディスカッションの時間をつくります。ディスカッションの時間では、挙手等により発言者を募ります。司会者から順番に発言を依頼しますので、お話しください。限られた時間を多くの方々と共有できるよう、ご自身の発言はなるべくコンパクトになるようご協力をお願いします。また、ご自身が発言する時を除いて、マイクはミュートにしていただくようお願いします。

(3)主催者はゲストスピーカーのトークの部分のみ、録音と録画を行います。参加できなかった人のために、後日、ネット上で公開する可能性があります。参加者とのディスカッションの部分については、録音や録画を行いません。

(4)主催者と参加者に許可をとることなく、録画、録音、撮影などをしないようお願いします。これは参加者の権利や安全を守るために大切なことだと考えます。

■今後の予定

詳細はこのウェブサイトでひきつづき告知します。

https://antiwartalk2022.blogspot.com
ーーーーー

【告知】4/5(火)19時〜、第3回リレートーク開催。ゲストは大木晴子さん

明日のことなのですが、お知らせです。

antiwartalk2022.blogspot.com

※以下、上記ウェブサイトからの転載

 

リレートークベトナム反戦運動に学び、戦争を止めよう!」 

 

第3回「反戦を軸に平和へ繋げる個の活動を!平和は育まなければ!」

 

■日時: 2022年4月5日(火)19:00~20:20

 

■ゲストスピーカー: 大木晴子(おおきせいこ)さん

高校卒業後に通っていた教会の友だちと「日野ベ平連」をつくり、反戦活動を始める。初めて「殺すな!」バッチを付けて日野まで帰る時間の記憶は心にしっかり刻まれた。1969年2月から新宿西口地下広場でフォークソングを歌いながらベトナム戦争反対の意思表示をする、通称・フォークゲリラに参加。その後、幼稚園で15年間勤務。イラク戦争が始まった2003年2月から、新宿西口地下広場で毎土曜日、反戦のスタンディングを続けている。

 

大木さんのウェブサイトとSNS

http://www.seiko-jiro.net

https://twitter.com/kuronekoroku

https://www.facebook.com/seiko.ohki

 

■タイトル: 反戦を軸に平和へ繋げる個の活動を!平和は育まなければ!

プログラムの冒頭の20分ほど、1969年の新宿西口地下広場を撮影したドキュメンタリー映像『’69春〜夏 地下広場』(1970年。製作:広場の一味。製作・監督:大内田圭弥)を上映・視聴します。その後、大木さんよりベトナム反戦運動でのご経験や2003年からの新宿西口でのスタンディングについて、そして、ウクライナでの戦争に対する思い、これからの反戦平和運動についてお話を伺います。

 

■司会: 大野光明さん

 

■事前申込制・無料(先着100名)

 https://forms.gle/aVDcRSVZHCYZtn8c9

 へお申し込みをお願いします。主催よりZoomのリンク先をお送りします。

■参加にあたってご協力いただきたいこと

以下の点をご理解の上、参加いただきますようお願いします。

(1)わたしたち(主催者・参加者)はこのリレートークを誰もが参加しやすく、おたがいを尊重しえある場となるよう努力します。わたしたちは多様な属性や背景をもった方々の参加を歓迎します。性差別・人種差別・障害者差別・ホモフォビア(同性愛嫌悪)・トランスフォビア(トランスジェンダー嫌悪)をはじめとする、あらゆる差別ならびにハラスメント行為を容認しません。もしそうした被害にあったり、何らかの点で居心地の悪い思いをされた場合は、主催者までお知らせください。

(2)ゲストスピーカーからのお話のあと、参加者による質問やディスカッションの時間をつくります。ディスカッションの時間では、挙手等により発言者を募ります。司会者から順番に発言を依頼しますので、お話しください。限られた時間を多くの方々と共有できるよう、ご自身の発言はなるべくコンパクトになるようご協力をお願いします。また、ご自身が発言する時を除いて、マイクはミュートにしていただくようお願いします。

(3)主催者はゲストスピーカーのトークの部分のみ、録音と録画を行います。参加できなかった人のために、後日、ネット上で公開する可能性があります。参加者とのディスカッションの部分については、録音や録画を行いません。

(4)主催者と参加者に許可をとることなく、録画、録音、撮影などをしないようお願いします。これは参加者の権利や安全を守るために大切なことだと考えます。

 

■第4回以降も準備中です。

詳細はこのウェブサイトでひきつづき告知します。

https://antiwartalk2022.blogspot.com

 

【参加者募集中】和の装いdeビブリオバトル

ビブリオバトル、開催します

5月14日(土)、横浜市大佛次郎記念館にてビブリオバトルを開催いたします。
薔薇の美しい季節、記念館のテーマ展示「実朝と桜子〜大佛次郎が紡いだ武士と雅〜」を鑑賞し、素敵なお茶室で人や本との出会いを楽しんでみませんか。
公式ページの専用フォーム、もしくはチラシ画像の二次元バーコードからお申し込みください。
 
花岡は当日の司会を務めます。
以前ツアービブリオさん企画のビブリオバトルで訪れたご縁があり、この度の企画につながりました。

f:id:Neon_Nekora:20220402170655j:plain

お茶室の写真(左側は当時置かれていたパリ市街を描いた屏風)
ご家族、ご友人とお誘い合わせの上、ふるってご参加ください。

【イベント詳細】

和の装いdeビブリオバトル
日時 / 令和4年5月14日(土) 13:00〜16:00(集合時間12:30〜12:45)
会場 / 大佛次郎記念館 和室
参加費 / 無料
定員 / 15名
参加条件 /
ビブリオバトルにご興味がある方
・和の装いでご参加いただける方
※和装はワンポイントでも構いません。見学の方は洋装で構いません。
・小学生以上の方

f:id:Neon_Nekora:20220402170859j:plain

伺った当日はこんな素敵な演出が

【告知】3/26(土)16時〜、第2回リレートーク「戦争をとめるために…。なぜ兵士か、なぜ自治体か。」

前回もお伝えしたリレートークの第2回が明日(急なんですが)始まります。
今回のゲストは神奈川県の横須賀で反戦運動を続ける新倉裕史さん。
こちらの本の著者でもあります。

ーー以下転載ーー

リレートークベトナム反戦運動に学び、戦争を止めよう!」 

第2回「戦争をとめるために…。なぜ兵士か、なぜ自治体か。」

https://antiwartalk2022.blogspot.com/2022/03/23261617.html

■日時: 2022年3月26日(土)16:00~17:00

■ゲストスピーカー: 新倉裕史(にいくらひろし)さん
1948年生まれ、67歳で印刷会社を退職。横須賀市在住。ベトナム反戦で兵士運動と出会い、今も活動の原点。
1972年、米空母ミッドウエイの横須賀母港に反対する「ヨコスカ市民グループ」に参加。以後、基地の街で平和運動を続ける。現在「非核市民宣言運動・ヨコスカ」、「ヨコスカ平和船団」メンバー。
1976年2月からスタートした月例デモは、2022年3月で46年、552回となる。運動のモットーは「理想を高くもたない」、「持続に耐える」。

■タイトル: 戦争をとめるために…。なぜ兵士か、なぜ自治体か。

新倉さんから「兵士」と「自治体」の立場や視点にこだわった
反戦平和運動のご経験についてお話しいただきます。
わたしたちが戦争を考え、語るとき、国家や軍隊に同一化してしまいがちです。
また、軍隊内の兵士を国家のコマや道具のように見ていないでしょうか。
このような戦争の論じ方から距離をとり、
国家による戦争と、兵士や自治体の存在を一度切り離すことでみえてくる
自律的な<反戦>のかたちを考えてみたいと思います。

■司会: 大野光明さん

■事前申込制・無料(先着100名)
 https://forms.gle/aVDcRSVZHCYZtn8c9
 へお申し込みをお願いします。主催よりZoomのリンク先をお送りします。

■参加にあたってご協力いただきたいこと
以下の点をご理解の上、参加いただきますようお願いします。

(1)わたしたち(主催者・参加者)はこのリレートークを誰もが参加しやすく、おたがいを尊重しえある場となるよう努力します。わたしたちは多様な属性や背景をもった方々の参加を歓迎します。性差別・人種差別・障害者差別・ホモフォビア(同性愛嫌悪)・トランスフォビア(トランスジェンダー嫌悪)をはじめとする、あらゆる差別ならびにハラスメント行為を容認しません。もしそうした被害にあったり、何らかの点で居心地の悪い思いをされた場合は、主催者までお知らせください。

(2)ゲストスピーカーからのお話のあと、参加者による質問やディスカッションの時間をつくります。ディスカッションの時間では、挙手等により発言者を募ります。司会者から順番に発言を依頼しますので、お話しください。限られた時間を多くの方々と共有できるよう、ご自身の発言はなるべくコンパクトになるようご協力をお願いします。また、ご自身が発言する時を除いて、マイクはミュートにしていただくようお願いします。

(3)主催者はゲストスピーカーのトークの部分のみ、録音と録画を行います。参加できなかった人のために、後日、ネット上で公開する可能性があります。参加者とのディスカッションの部分については、録音や録画を行いません。

(4)主催者と参加者に許可をとることなく、録画、録音、撮影などをしないようお願いします。これは参加者の権利や安全を守るために大切なことだと考えます。

■第3回以降も準備中です。
詳細はこのウェブサイトでひきつづき告知します。
https://antiwartalk2022.blogspot.com

■主催: 地域ベ平連研究会有志 
 antiwartalk@gmail.com
 https://antiwartalk2022.blogspot.com

【告知】3/20(日)20時〜、リレートーク「ベトナム反戦運動の学び、戦争を止めよう!」はじまります。

★リレートーク、はじまるよ

自分が関わっている研究会の話ですが、今月20日ベ平連ベトナムに平和を!市民連合)に参加していた方々をお招きしたリレートークをZoomで行います。

ベトナム戦争をどのように受け止め、どんな活動をされていたのかを中心にお話を伺い、今のウクライナで起きている戦争をどのように考え、今の自分に何ができるのかを考えるイベントです。

ご興味ある方、是非お申し込みください。

antiwartalk2022.blogspot.com

自分の場合

2月24日、ロシアがウクライナに侵攻し、今も多くの人が犠牲になる状況が続いています。

「戦争が始まった」とスマホでニュースを時は職場にいたのですが「また世界は戦争を止めることができなかったのか」とただ悲しくて、ついでに立ったトイレでしばらく泣いていました。

当時は戦車闘争に関わるコラムの修正作業が佳境を迎え、帰宅して毎晩「ベトナムに戦車を送るな!」と座り込み、テントを貼り、ビラを作り、ティーチ・インを開催し、脱走兵を手助けし、デモを行った人々の様子を読んでいました。

では自分はどうするのか?

50年前にあれだけやっていた人々がいるなら、今のウクライナとロシアの様子を見た自分は何ができるのか?
ただSNSで #NoWar と呟くだけに止まらない活動方法を、私は知る機会があったし、今がそれを実践する時なのではないか?

そう思わずにはいられませんでした。

まだこの経験を言葉にしきれていない部分はありますが、常に事態が動いている今、考えながら動くことを優先していきます。

仕事に家庭に忙しく、Covid-19の影響で外にも出づらい今、何ができるのかを改めて考える。そんなイベントにしたいと思います。

ひとりでもやる、ひとりでもやめる。